香港長期滞在ロングステイやデュアルライフ生活情報の注意点は?1

Pocket

香港長期滞在ロングステイやデュアルライフ生活情報の注意点は?1

今回は中国の「香港」における
ロングステイやデュアルライフ生活情報
第1回目をお伝えいたします。

中国「香港」第1回 就労情報編

今回は「香港」で実際に「就労」する
ケースについて考えてみましょう。

中国「香港」 シリーズ第1回目

年間およそ130万人(2010年)
日本人が訪れる香港。1997年の中国から
返還後も、ショッピングやグルメの街として
多くの人々を魅了しています。

香港の広さは東京都の半分?

香港の広さは、約1100平方kmと東京都の
およそ半分しかありません。
そこに710万人(2010年末)の
人々が暮らしていると言われています。

そのため香港では、東京以上にオフィスや
デパート、グルメ、公園などさまざまな都市機能が
凝縮されている印象が強いと思います。
中心部ではあちこちに高いビルが立ち並び
香港は地震がほとんど起きないといわれています。
そして、大通りには2階建てのバスや路面電車が走り
沿道には高級デパートやブランドショップが
軒を連ねていつもにぎわっています。

香港ロングステイ(長期滞在)&デュアルライフ

香港ロングステイ(長期滞在)&デュアルライフ

香港と東京の類似点とは?

一方、メインストリートの少し外れれば
マッサージ店や雑貨店、露天や屋台
がひしめくひと味違う香港の雰囲気の
エリアが続いています。
言うなれば、歌舞伎町や銀座、原宿
渋谷、新大久保などが狭いエリア
すべて詰め込まれたようなイメージなのですが
この独特のエネルギッシュな街の雰囲気は
香港を一度でも訪ねたことがある人なら
なんとなく理解できることと思います。

「スポンサードリンク」

香港が日本人のロングステイ先に向いている第1の理由とは?

さて、香港が日本人のロングステイ先に
向いている理由について考えてみたいと思います。
まずは、何よりも日本からの距離が近く
アクセスが良いということでしょう。
現在、香港への直行便は、成田国際空港から
1日10便、また羽田の東京国際空港から
も1日4便が就航しているほか、関西国際空港や
中部国際空港、新千歳空港、福岡空港などからも
定期的に直行便が就航していて、日本各地から渡航し
やすい状況になっています。
フライト時間は、直行便なら東京から香港までの
往路で約4時間30分、復路で約4時間です。
チケット代も、オフシーズンなら 2500香港ドル
ぐらいから入手でき、リーズナブルです。

香港ロングステイ(長期滞在)&デュアルライフ

香港ロングステイ(長期滞在)&デュアルライフ

日本との時差はマイナス1時間で、ジェットラグを
ほとんど感じることもないので楽です。
ビジネス上、日本国内へ連絡することが
多い場合や、日本と香港をひんぱんに行き来する
デュアルライフの場合にも、香港は適地と言えるでしょう。

香港が日本人のロングステイ先に向いている第2の理由とは?

さて、香港が適地といえる第2の理由としては
言語の問題が挙げられます。
香港の公用語は中国語(北京語)ですが
実際の会話は広東語、そしてビジネス
やサービス上では英語が広く使われています。
つまり、観光客がほとんどいないローカルな
エリアにでも行かない限り、最低限の英語力で
生きていくことが可能なのです。
とくに観光エリアなどでは、カタコトの日本語が
通じたり、日本語でサービス対応してくれる
店もあるといいます。

2万人を超える香港の在留邦人の影響?

その背景には、2万人を超える香港の
在留邦人の影響もあるでしょう。
日本と香港の交流の歴史は古く
日本人コミュニティがしっかりと
形成されているのもロングステイヤーには
心強いポイントでしょう。

日本食レストランも充実なのが香港魅力

例えば、数多くの日本食レストランのほか
ジャスコなどの日系スーパーやセブンイレブン
などのコンビニもあちこちに見つけることが
できるので、まず食には困らないでしょう。
もちろん香港料理も充実しています。
そして医療についても、衛生環境
技術レベルともに非常に高く、日本語が
通じる病院がいくつもあるとのことで
安心できるでしょう。
軽い風邪ぐらいなら、近所の町医者でも
十分対応可能だといいます。

香港ロングステイ(長期滞在)&デュアルライフ

香港ロングステイ(長期滞在)&デュアルライフ

移住を前提とした香港のロングステイのメリットとは?

また、移住を前提としたロングステイであれば
香港にはさらに大きなメリットがあります。
それは税金が安いということです。
香港は日本でいう住民税や消費税
に当たる税金がなく、所得税も最高で
17%と圧倒的に低い税率を誇っているようです。
相続税、贈与税もないので、収入の多い人や
資産家にとってはまさにタックスヘイブンですね。

「スポンサードリンク」

香港では基礎控除額が高く、未婚のシングル世帯にもメリット

一方、こうした税法で得をするのは
高額所得層だけではありません。
香港では基礎控除額が高く、未婚のシングル
世帯なら10万8000香港ドル、既婚者で妻(または夫)に
収入がない世帯は21万6000香港ドル。
夫婦+子供2人の世帯なら31万6000香港ドル
となっています。
つまり、収入がこの控除額に届かない場合は無税となります。

「移住を前提としたロングステイ」

もちろん、こうした税法上のメリットは
日本に本拠を置かず、本格的に香港に
移住した場合に限られます。
ただし、ある現地在住者によれば
震災以降、日本人の「移住を前提とした
ロングステイ」が増加しているのだといいます。
原発事故によるリスクを恐れて避難を
検討している日本人にとって、距離が近く、
語学力がさほど問われず、日本人コミュニティも
充実している香港は、有力な候補地の一つでしょう。
現在も、一家全員、あるいは母子のみで香港に渡航し
ホテルなどに滞在するのではなく、手頃な賃貸物件を
長期で契約するケースはじわじわと増えているという。

香港で長期滞在する場合のネックとは?

長期滞在する場合、香港は物価の高さ
とくに家賃がネックといわれる。

香港ロングステイ(長期滞在)&デュアルライフ

香港ロングステイ(長期滞在)&デュアルライフ

次回以降は、恒例の「ビザ取得方法」
加え、なるべく安い物件の探し方についても
お届けしたいと思います。

※当情報サイトはは投資学習用に作成されたモノではありません。
記載されている内容は情報の提供を目的としたものであり、
投資の勧誘を目的とするものではありません。
また渡航の際は必ず各関係機関への確認をしてください。

「スポンサードリンク」

あなたへオススメや探しものが見つかりますよ♪
今すぐチェック!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ