ロシアの首都モスクワの物価や滞在費とインターネット費情報

Pocket

ロシアの首都モスクワの物価や滞在費や生活情報

ロシアの首都モスクワの基本情報から
滞在費、医療環境など情報満載!

下記の関連記事を今すぐチェック♪

ロシアの首都モスクワ画像

【関連記事】:ロシアの首都モスクワでロングスティの食文化や治安の基本情報

ロシアの首都モスクワ画像

【関連記事】:ロシアの首都モスクワの留学や就労ビザ申請や取得情報

ロシアの首都モスクワ画像

【関連記事】:ロシアの首都モスクワで会社設立や起業申請の基本情報

ロシアの首都モスクワ画像

【関連記事】:ロシアの首都モスクワの物価や滞在費とインターネット費情報

今回は、実際に暮らしている日本人の体験談をレポートしながら、1カ月滞在する際に必要な予算のシミュレーションなどをお伝えしたいと思います。

旅行のコーディネートの仕事をしているAさん(女性)は、2005年からモスクワに滞在しています。

「大学生のときにモスクワ大学に1年間留学して、その後、某大手商社でロシア貿易を担当しました。それから今度はイギリスに留学して大学院でマスター取得後、ロンドンで就職活動をした際にモスクワの仕事を勧められて現在に至ります。

モスクワでは当初、日本企業の駐在員として何年か働き、その後、他企業に勤めながら、フリーの仕事もしています」。

日本にいたときは働き詰めで、出張が多く、余暇はほとんどなかったというAさん。

それでも少しでも休みが取れると、近場の海外へ行ってリフレッシュをしていたようです。

「学生時代のモスクワ留学は別として、本学的なロングステイはイギリスでの大学進学が最初といえます。実家暮らしだったので、役所関係の手続きといえば住民票を抜くぐらいで、事務的なことで特に苦労をした覚えはありません。それよりも英語力を強化させるなど勉強の準備が大変だった気がします」

現在モスクワに住んでいる理由は、自分の“専門地域”だからのようです。

言葉に関しては、日本での学生時代とモスクワでの留学時代に習得していたため、特に苦労はなかったようです。

ロシアの首都モスクワの住宅の家賃事情

現地の住宅事情はというと、「ひとり暮らしであれば、日本と同じ感覚で1ベットルームが普通だと思います。

家賃はエリアと仲介するエージェントによって大きく異なります。ロシア語ができなくて、外国人専用エージェントを利用すると、ワンルームでも日本円で20万以上してしまいます。

会社で家賃を負担してくれるような駐在員用の物件なんかは、もっと高いと思いますよ。反対に現地採用の人たちは、みんなロシア語ができるので、知人経由だったり、現地の人も利用するような普通のエージェントを通して家探しをします。

一般的な相場としては、ワンルームで2万5000-4万5000RUBくらいではないでしょうか」。

ちなみにAさんが住んでいる家の間取りは、1ベッドルーム、キッチン、トイレ・バスで、知り合いのエージェントを通して探したそうです。

東京でいうと山手線から2-3駅外に出たくらいの場所で、最寄りの地下鉄の駅からは徒歩10分、トラムの駅からは徒歩5分。

それでも緑が多く、スーパーも近くにあって非常に便利な立地とのこと。

ロシアの首都モスクワで賃貸物件の探し方や情報の収集方法

物件の探し方は、日本とそれほど大差はないようで、エージェントか知人経由が主流。

不動産会社の開設しているウェブサイトにアクセスして、家賃やエリアなど希望の条件を入力して物件を探す方法も増えているようです。

家賃の相場を知るという意味でも、便利な方法といえるでしょう。

初期費用としては、家賃1カ月分、敷金(デポジット)1カ月分、紹介料1カ月分で、計3カ月分を用意しておきたいところ。大きな破損などがない場合、敷金は契約終了月の家賃にあてられ、ロシア語が堪能であれば、直接やり取りをすることが可能なため、紹介料がかからないことも場合によってはあるようです。

外観はかなり古かったとしても、内側はリフォームされてきれいになっている物件が多いのもこちらの特徴です。

ゆえに外観だけで判断せずに、中もしっかり見てから決めるのが鉄則。

また、こちらは家具付きの物件も多く、家具が壊れていないかどうかも入居前にきちんとチェックしないと、のちのちトラブルのもとになってしまいます。

モスクワといえども、夏場は30度を超える日が年々多くなってきているようなので、暑がりの人は特にエアコンが付いているかどうかも重要で、電気代、水道代、インターネット代などが家賃に含まれているかどうかも、契約時に確認すること。

ロシアの首都モスクワでの1ヶ月の生活費情報

1カ月にかかる主な生活費について、Aさんに算出してもらった内訳は以下の通り。

■住居費
3万1000RUB

■光熱費
400RUB

■インターネット代
900RUB

■携帯代
900RUB

■食費
3000RUB

■交際費(外食含む)
1万5000RUB

■交通費
800RUB

■その他
3000RUB

■合計
5万5000RUB

「スポンサードリンク」

モスクワは東京と同じくらい物価の高い都市などといわれることもありますが、実際こうしてみると、家賃はたしかに同程度ですが、光熱費がかなり安くて驚きます。

「交通費はいつも定期券を使っていますが、地下鉄の場合、1回券が30RUBで、10回券以上から1回あたりの値段がどんどん安くなり、お得になります。バス、トロリーバス、トラムだと1回25RUB。日本に比べてかなり安いので、負担になりません」

一方で比較的高いのが外食で、1回の食事が安い食堂やカフェを利用した場合、300RUB程度。

レストランはひとり600RUB程度。高級レストランだと1万円近くするようなところもあり、その辺は東京と感覚が変わ
りません。

一般向けの安いスーパーだと、ジャガイモは1キロ20-30RUB、ブレッド1個20RUB、豚肉1キロ250RUB、牛乳50RUBくらいが目安。

当然ながら、高級スーパーだと値段がかなり変わってきます。

「日本食材店がないので、日本食を入手するのは結構困難です。一般のスーパーで醤油や海苔などを買うことは一応できますが、日本で買う3倍以上の値段になってしまいます」。日本食が入手しにくいのは、そもそも住んでいる日本人が少ないからというのもあります。

「モスクワには子どもを含めて日本人は1500から1600人くらいしか住んでいないので、観光地以外で街で日本人に遭遇することはほとんどありません。住み始めたばかりの人は、それがちょっと寂しいと感じるかもしれませんね」

Aさんの外食を含む交際費が少々高めになっていますが、この金額には劇場のチケット代も含まれており、1カ月に4、5回行って合計5000RUBくらいとのこと。

「モスクワは劇場、博物館、美術館の数がとにかく多く、芸術が一般市民の生活の身近にあることが、日本と大きく違う点といえると思います。チケット代も安いですし、シーズン中は誰もが気軽にバレエやオペラ、コンサートなどに足を運びます」

「スポンサードリンク」

ロシアの首都モスクワの利用情報

現地の医療事情はというと、公的医療施設として地区ごとにポリクリニカ(外来病院)とバリニッツア(入院病院)が設置されており、登録されている市民は無料あるいは低額で受診することができます。

ただし外国人は、救急搬送された場合を除いて有料。

「一般の病院でも医療技術は“それなりに”進んでいます。ただし、ロシア語ができないと厳しいと思います」とAさんが言うように、外国語を解する医療スタッフはほとんどいないのが現状のようです。

したがって外国人は、英語や日本語が通じる私立病院やヨーロピアンメディカルセンター、外国人用公立病院などを利用するのが通例(ヨーロピアンメディカルセンターには日本人ドクターが1名いるとのこと)。

ただし保険がきかないので医療費が高額になってしまう。
入院が必要な場合は、事前にデポジットを要求されることもあるようで、入金が
確認されないと手術を受けられないケースも。

当然ながら日本よりも不便に感じたり、心細く感じたりすることは多々あるが、それを楽しむくらいの気持ちがなければ、海外生活が難しいのはどこの国でも同じで「海外で暮らすアドバイスは、日本となんでも比べないことです。『日本だったらこうなのに』と考え出したらキリがありませんし、不毛なのでやめたほうがいいいと思います。

なぜなら、そもそも日本にいないのだから。

違う文化、歴史のある土地におじゃましているということを常に念頭に置いて、その国の文化や風習をリスペクトして受け入れることが、無駄なストレスを貯めずに楽しく生活するコツではないでしょうか。

ロシアの有名な詩人であるフョードル・チュッチェフが『ロシアは頭では理解ができない』という言葉を残している通り、この国は非常に複雑です。

ヨーロッパで栄華を極めたロシア帝国、その後の共産党独裁の時代を経て、今の新生ロシアがあります。現在のロシアは観光ですらビザが必要とされますし、誰もが簡単に長期滞在できる国とは残念ながらいえません。

こういう形で多くの人にロシアの生活を知ってもらえることは、ロシア在住の私にとってうれしい反面、本当の姿は理解していただけないのではという危惧もあります。

日本にとっては近くて遠いロシアを、少しでも多くの人が身近に感じてもらえるとうれしいですね」

「スポンサードリンク」

ロシアの首都モスクワの基本情報から
滞在費、医療環境など情報満載!

下記の関連記事を今すぐチェック♪

ロシアの首都モスクワ画像

【関連記事】:ロシアの首都モスクワでロングスティの食文化や治安の基本情報

ロシアの首都モスクワ画像

【関連記事】:ロシアの首都モスクワの留学や就労ビザ申請や取得情報

ロシアの首都モスクワ画像

【関連記事】:ロシアの首都モスクワで会社設立や起業申請の基本情報

ロシアの首都モスクワ画像

【関連記事】:ロシアの首都モスクワの物価や滞在費とインターネット費情報

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ