フィリピンセブ島の長期滞在ロングステイやデュアルライフ情報!④

Pocket

フィリピンセブ島の長期滞在ロングステイやデュアルライフ情報!④

このサイトでは日本人がロングステイ
長期滞在やデュアルライフ(二重生活)を
行う場合に、どの場所が適した
“理想の地”なのか?
それぞれの国や地域に焦点をあて
お伝えしています。
今回は日本人にも大人気のフィリピンのセブ島の
第④回目です。

物価が日本の4分の1から5分の1程度と言われるセブ島

物価が日本の4分の1から
5分の1程度と言われるセブ島。
仮に1ヵ月滞在した場合
どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

マクタン島の格安サービスアパートメント(コンドテル)情報

ここではマクタン島の
格安サービスアパートメント
(コンドテル)に月極で滞在し
質素な生活を心がけたケースを
想定してシミュレーションしてみましょう。

フィリピ(セブ島), ロングステイやデュアルライフ

フィリピ(セブ島), ロングステイやデュアルライフ

1ヶ月の生活費は?

■住居費(シングルルーム、光熱費込み)
2万1000ペソ
■光熱費
なし(宿泊料に含む)
■ネット代
なし(宿泊料に含む)
■食費(自炊が主でたまに
外食する程度、交際費も含む)
約8000ペソ
■携帯電話(本体+SIMカード+通話料)
約3000ペソ
■交通費(主にタクシー)
約3000ペソ
■その他、雑費
約10000ペソ

■合計
約4万5000ペソ

光熱費やネット代が宿泊料金に
含まれている格安サービスアパートを
選び、ゴルフやナイトクラブなどで
豪遊しなければ、1ヵ月の滞在費は
8万円強に抑えることができるようです。

東京都心のワンルームマンションの家賃で生活可能?

じつに、東京都心のワンルーム
マンションの家賃とほぼ同額です。
これなら1年のうち3分の2を
日本で働いてお金を貯め、残りの
3分の1をセブ島で過ごすという
デュアルライフも十分検討でき

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ