ドイツ,デュッセルドルフロングステイやデュアルライフ生活情報2

Pocket

ドイツ「デュッセルドル」フロングステイやデュアルライフ生活情報2

今回はドイツは「デュッセルドルフ」における
ロングステイやデュアルライフ生活情報
第2回目をお伝えいたします。

ドイツの親日都市「デュッセルドルフ」第2回 ビザ取得情報編

今回はデュアルライフやロングステイを
検討している人たちにとって最も関心が
あるのが「ビザ」だと思います。
ビザ情報は関心が高いトピックといえるしょう。

ドイツ「デュッセルドル)」ロングステイ&デュアルライフ

ドイツ「デュッセルドル)」ロングステイ&デュアルライフ

デュッセルドルフ(ドイツ)に滞在にビザは必要か?

では、デュッセルドルフ(ドイツ)に
滞在する場合、どのようなビザが
必要になるのでしょうか?

まずは最もポピュラーな「観光ビザ」
ついて説明していきます。

ドイツ観光ビザ情報

うれしいことに、日本国籍を持つ
日本人は、就労を伴わないのが
条件ですが、90日以内の観光または
出張であれば、ビザを取得する必要はありません。
いわゆる査証免除という制度ですね。

その際、注意することは旅行が終了する日まで
パスポートの機関が有効であることが条件となります。

観光ビザは更新も延長もできない

ただし、この観光ビザは更新も延長もできない。
さらに注意したいのは「一度近隣諸国に出国してから
再入国し、新たに90日の滞在許可を得る」という
方法が通用しないことです。

「シェンゲン協定」とは?

これは、ヨーロッパの国々の間で
国境検査なしで自由に移動することを
認める「シェンゲン協定」が存在するためです。
この協定には、ドイツを含めヨーロッパの
ほとんどの国が加盟しています。
この加盟国における滞在日数は
「6ヵ月間に90日」と定められています。
つまり、シェンゲン協定の加盟国間で
いくら出入国を繰り返しても滞在可能日数は
90日間から延びることはないという意味です。

「スポンサードリン%

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ