シンガポールの就労やワーキングホリデー各種ビザ申請手続き基本情報

Pocket

シンガポールの就労やワーキングホリデー各種ビザ申請手続き基本情報

シンガポールの各種ビザ申請や
就労と会社設立など、物価や
基本情報など、下記シリーズを
お読みください。

シンガポールのロングステイ(長期滞在)基本情報

【関連記事】:シンガポールのロングステイ(長期滞在)やアクセス等の基本生活情報

シンガポールのロングステイ(長期滞在)基本情報

【関連記事】:シンガポールの就労やワーキングホリデー各種ビザ申請手続き基本情報

シンガポールのロングステイ(長期滞在)基本情報

【関連記事】:シンガポールの就労や起業など会社設立情報

シンガポールのロングステイ(長期滞在)基本情報

【関連記事】:シンガポールのロングスティ滞在費や物価と治安基本情報

シンガポールに滞在する場合、ビザ免除措置を実施しているので30日以内であればビザは不要。

ただしパスポートの残存有効期間は6カ月以上必要で、日本国籍を持っている人は、シンガポールでの入国審査で14日もしくは30日間の滞在が許可されます。

14日と30日ではかなり違いますが、どちらになるかはそのときの入国審査官の判断によるようです。

許可された日数を超えてシンガポールに滞在を希望する場合は、シンガポールの移民局で延長申請を行います。

シンガポールに入国する際に必要なものは、記入済みの出入国カード(D/Eカード)。

これは機内で配られるので、入国審査の前までに必要事項を記入しておき、入国審査のときにパスポートとともにこのカードを提出すると、半券が返され、出国の際にこの半券を提示する必要があるので、なくさないように注意しましょう。

税関で日本人が荷物検査を受けることは滅多にないといわれていますが、申告すべきものがあるのに申告しないで、それが見つかってしまった場合、最高S$1万(約79万3200円)の罰金が科せられてしまいます。

またシンガポールはタバコの持ち込みについて、非常に厳しい国として知られています。

シンガポールは愛煙家に対して厳しい場所で、高額な税を課すことで小売価格を高くして、タバコの生産量や消費量を抑えているのですが、税関でもたった1本から課税の対象になってしまし、個人で使用する場合のタバコの持ち込み制限は、400グラム(2カートン、20箱)まで。

課税額は1箱につきS$7.65、1カートン(10箱)でS$76.5が目安。

シンガポールの訪問ビザや学生ビザ

次に目的別に必要なビザと、主な申請書類は以下の通り。

●Social Visit Pass/訪問ビザ

特定のビザを持っていない外国人が入国する際に、訪問者の資格としてもらえるビザ。

先に説明した入国審査でもらうのも、このビザになり、さらに観光、商用、空路で30日以上、陸路で24日以上シンガポールに滞在する場合は、別途、Social Visit Passの延長手続きをしなければいけません。

申請に必要な書類は、パスポートと滞在延長理由を述べたレター(商用の際は、会社のレターヘッドを使用する)。

このふたつをシンガポール移民登録局(Singapore Immigration & Registration/SIR)に提出します。

一度シンガポール国外に出て再入国するという方法を取って、この手続きを行わない人も多いようです。

●Student Pass/学生ビザ

シンガポールにフルタイムで語学留学、正規留学する際に必要なビザ。

原則として6カ月以上の通学希望者が対象となっている。在日シンガポール大使館で取得してもよいし、現地のシンガポール移民登録局で取得することも可能。

現地で取得する場合は、一旦入国して1カ月のSocial Visit Passを取得し、その期間中にこのビザを取得することになります。

申請に必要な書類は以下の通りですが、学校によって異なる場合があるので、必ず確認をすることが必要です。

・パスポートとコピー
・パスポートサイズの写真2枚
・Form16、V391、V36のStudent Pass申請書
・入学許可書
・最終学歴の英文卒業証明書
・健康診断書
・保証金S$1500(約11万8980円)*帰国時に返還される。
・保証人の身分証明書(シンガポール国民か永住権を持った保証人であること。シンガポールに知人がいない場合は、学校に依頼します。ただし別途費用が必要な学校もあり)

シンガポールの就労ビザ(Employment Pass)

シンガポールで就労するために必要なビザ。

Employment PassにはPパス、Qパスなどがあり、Pパスは起業家、投資家、高学歴の管理職、専門職が対象になっています。

Qパスは大卒、国立技術許可書の第2レベル以上の資格、あるいは同等以上の資格を持つ人が対象。

日系企業やホテル、通訳・翻訳、日本語教師、あるいは大卒でなくても日本料理職人など日本人である必要性の高い職種は、比較的ビザが取得しやすく、反対に専門的であっても日本人である必要のない職種は、取得がやや困難になるようです。

Pパス、Qパスともに給料の金額によって、P1(月給S$7000以上)、P2(月給S$3500〜7000程度)、Q1(S$2500以上)、Q2(月給、学歴がQ1の条件にあてはまらない人)に分かれます。

ビザの有効期限は、最初の申請時で最長2年。

その後、延長査証を取得することができ、審査を行うのは、シンガポール人材開発省(MOM)で、転職する場合は新しい
雇用主の下で再度申請する必要があります。

一度の申請で認可されない場合は、再申請することも可能で、申請に必要な書類は以下の通り。申請料はS$30。

・パスポート
・パスポートサイズの写真1枚
・申請書Form8(本人とスポンサーとなる会社)
・英文職歴証明書および英文履歴書
・最終学歴の英文卒業証明書
・会社からの推薦状(なぜその人材が必要なのかを明記する)
・会社の法人登記証明書、日本の親会社の推薦状、会社概要など(英文)
・健康診断書(HIVおよび結核の有無をチェックしたもの)

「スポンサードリンク」

シンガポールのワークホリデー(Work Holiday Pass)

シンガポールは一般的なワーキングホリデーとは異なる形で、独自のワーキングホリデー制度を設けています。

対象年齢は18才以上25才未満。日本、オーストラリア、フランス、ドイツ、香港、ニュージーランド、イギリス、アメリカの全日制四大で、世界大学ランキング200位以内の大学の学部に在学または卒業した人が対象となっています。

200位以内に当てはまる日本の大学は2012年の時点で、東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、北海道大学、東北大学、東京工業大学、九州大学、筑波大学、早稲田大学、慶応大学の計11校。

2012年の制度改定前は、日本のすべての全日制四大が対象になっていましたが、条件が変更してかなり限定的なワーホリ制度になってしまったことは否めません。

有効期間は6カ月。

申請はオンラインのみで受け付けており、MOMにて申請書をダウンロードして記入。

英文での在学/卒業証明書、もしくは入学許可書、パスポートのコピーなど必要書類を添付して送信します。

審査を通過した場合は、約3週間後にメールにてIPA(In-Principle Approval for the WHP)が送付されてきて、それから3カ月以内にシンガポールに渡航しなければいけません。

さらに渡航の約2週間前にMOMで、ワーキングホリデー用就労許可書発行のためにオンライン予約を行い、渡航後にIPAと必要書類を持って、予約日にMOMオフィスに出向いて就労許可書発行申請を行います。

その際に必要な主な書類は、ワーキングホリデーパス申請書、パスポート、オンライン予約時の予約票、シンガポー
ル入国時に記入した出入国カード、入国から6カ月後の出国を証明する交通機関のチケット、発行手数料S$150を、VISAまたはMasterのクレジットカードで支払います。

約4営業日後にビザが発給されるので、再びMOMオフィスに出向いて受け取ったら、晴れて職探しを行うことができます。

「スポンサードリンク」

シンガポールの研修雇用ビザ(Training Employment Pass)

Work Holiday Passに代わるビザとして、Training Employment Passがあります。

これはトレーニング、研修目的のビザで、ワーホリビザが個人で申請するのに対して、雇用するシンガポールの企業が申請しなければならりません。

よって、ワーホリビザのようにビザを取得してからアルバイトを探すのは不可能で、雇用する企業が決まっているこ
とが前提になります。

有効期間は3カ月で、大学生か社会人かで申請方法が異なります。

大学生の場合は、大学の学位取得のカリキュラムに含まれるインターンシップであること、シンガポール政府が認めた大学であることのふたつが条件となります。

「シンガポール政府が認めた大学」というのは、一部の該当する大学名を例として挙げていますが、それがすべてではなく、それらの大学と同等であると認められたり、ほかの要素も含めて許可されるようです。

いずれにしてもワーホリビザよりは、対象となる幅がかなり広くはなり、上記のパターンに当てはまらない大学生でも、トレーニング期間中の月収が$3000以上であれば申請することができますが、残念ながらこれはあまり現実的な条件とはいえないようです。

一方、社会人の場合は、日本の本社から派遣され、シンガポールの子会社で研修を受けるといったような企業ブループ内の研修であること、月収$3000以上支給されること、以上のふたつが条件になります。

次回はシンガポールの経済事情や就労の可能性、会社設立方法などについてお伝えしていきたいと思います。

「スポンサードリンク」

シンガポールの各種ビザ申請や
就労と会社設立など、物価や
基本情報など、下記シリーズを
お読みください。

シンガポールのロングステイ(長期滞在)基本情報

【関連記事】:シンガポールのロングステイ(長期滞在)やアクセス等の基本生活情報

シンガポールのロングステイ(長期滞在)基本情報

【関連記事】:シンガポールの就労やワーキングホリデー各種ビザ申請手続き基本情報

シンガポールのロングステイ(長期滞在)基本情報

【関連記事】:シンガポールの就労や起業など会社設立情報

シンガポールのロングステイ(長期滞在)基本情報

【関連記事】:シンガポールのロングスティ滞在費や物価と治安基本情報

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ