カンボジア(世界遺産シェムリアップ)の滞在費や生活費の体験談情報

Pocket

カンボジア(世界遺産シェムリアップ)の滞在費や生活費の体験談情報

これまでのカンボジア情報もご覧ください。

カンボジア(首都シェムリアップ)の画像a

カンボジア(首都シェムリアップ)の観光旅行人気や治安情報を今すぐチェック!

カンボジア(首都シェムリアップ)の画像a

カンボジア(首都シェムリアップ)のアライバルビザやオンライン申請を今すぐチェック!

カンボジア(首都シェムリアップ)の画像a

カンボジア(世界遺産シェムリアップ)の起業や就労と住居探しの方法を今すぐチェック!

カンボジア(首都シェムリアップ)の画像a

カンボジア(世界遺産シェムリアップ)の滞在費や生活費の体験談情報を今すぐチェック!

カンボジアは物価が安いという話を常々してきましたが、実際、どのくらいの生活費がかかるのか、1カ月の予算をシミュレーションしてみましょう。

■住居費(賃貸物件またはサービスアパートメント)
US$400

■光熱費
US$50

■携帯電話・ネット代
US$50

■食費
US$100

■交際費
US$200

■交通費
US$100

■その他雑費
US$100

■合計
US$1000

ちなみに住居費はセキュリティ面などを考えて、サービスアパートメントか外国人向けの賃貸物件を想定し、ローカルの賃貸物件であればUS$60くらいから借りることができます。

大まかな物価感覚としては、ローカル店のコーヒー25セント、外国人の利用が多いカフェでのコーヒーUSドル3、生ビールジョッキ50セント、米1キロ50-75セント、ガソリン1リットルUS$1.25、マッサージ1時間US$3-5、レストランのウェイトレスの月給US$100未満、ハウスキーパー月給US$70。

シミュレーションの結果のように、10万円以内でそれなりの生活が可能と考えていえるでしょう。

「スポンサードリンク」

カンボジア(世界遺産シェムリアップ)の携帯電話やSIM情報と生活情報

携帯電話会社は7社ほどあり、SIMカードを購入して使用(SIMカードは空港でも購入可)。
接続に関しては、MOBITELとMETFONEという会社の評判が良いようですが、この2社はともに空港でSIMカードの販売をしていないので、市内で購入する必要があり、データ通信料は月額US$5程度。

ここからは、シェムリアップに暮らしている日本人の声をもとに、よりリアルな生活について探っていきましょう。

2009年からシェムリアップに在住しているAさん(38歳/男性)は、ロングステイ先としてこの地を選んだ理由をこう語あります。

「現代の日本には感じることのできない、これから伸びていきそうな勢いをカンボジアに感じることができたからです。そんな環境の中に自分もぜひ身を置いて、どこまでできるのか試してみたいと思ったのがきっかけでした。移住を決意する前にアジア全域を周りましたが、ビザ取得の容易さ、英語の通用度、物価の安さ、治安の良さ、人の温かさ、ビジネスチャンスの多さなどもろもろの条件を考えてこの地を選びました。と言っても実際のところは、ほぼ直感と一目惚れなのですが(笑)」

日本ではもともと個人金融業と証券投資を行なっていたというAさん。所得水準は一般的なサラリーマンに比べると高かったため、東京都心のタワーマンションに住んで夜な夜な飲みに行くような日々を送り、職業柄、オンオフのはっきりしない生活スタイルだったので、これといった余暇の過ごし方はなく、まとまった時間を見つけては近場へ旅行していたといいます。

カンボジアに移住を決めたときは賃貸マンションに暮らしていたため、ほぼすべての家財道具を売却して、どうしても処分できないものだけは実家に預かってもらうことに。

自営業だったこともありこれといったしがらみもなく、思い立ったらかなりスムーズに移住の準備を進めることができたと振り返ります。

「スポンサードリンク」

カンボジア(世界遺産シェムリアップ)ロングスティ移住の決めた理由

ロングステイを決めた条件のひとつに「ビザ取得の容易さ」を挙げていますが、それについては以下のように語っています。

「カンボジアはビザの発行がほかの国に比べてかなりゆるいのが、ロングステイをする人にとって大きな魅力です。入国時にビジネスビザという延長申請ができるタイプのビザを取得しておけば、あとはシェムリアップ市内のどこにでもあるような旅行代理店にパスポートと所定の金額を持って行って申請するだけで、マルチプルエントリーのビザを取得することができます。ビザの延長は通常1カ月、3カ月、6カ月、1年となっているのですが、マルチプルエントリーの場合は6カ月以上のビザを取得することが条件となっています」

住んでいる街の様子は、「首都プノンペンを東京だとすると、シェムリアップは有名な遺跡のある古い街なので、奈良のような感覚でしょうか。近郊にトンレサップ湖という大きな湖がありますが、海がないところも似ていますしね。世界的な観光地なので、国際空港から市内までは車だったら約15分で行くことができてとても便利です。ただ残念ながら、鉄道やバスのような公共のインフラはまだありません。

市街地から一歩出ると、舗装されていない赤土のデコボコ道と藁葺き高床式の住居が点在する農村地帯ですが、非常に多様な人種・国籍の人々が暮らしているインターナショナルな場所でもあります。そういった意味では、世界でも類を見ない場所といえるかもしれませんね」

滞在当初は、1泊US$10のゲストハウスで生活していたというAさん。現在は敷地面積600平米ほどの一戸建て住宅を賃貸で借り、全室家具付きの4ベッドルーム(全室シャワートイレ付き)、リビングルーム2室、ダイニングルームという間取りで家賃は月額US$700。東京のワンルームアパートの家賃くらいで、これほどの物件を借りられるのだから驚きです。

契約は1年。「フランス人が営んでいる不動産屋の紹介で見つけました。市内中心部まで車で5分ほどですが、難点は家の前が赤土の道路なので、車がすぐに真っ赤に汚れてしまうことでしょうか(笑)」

言葉の面ではもともと英語はある程度話せていたので、1年ほどは英語のみで生活を送っていたが、奥さんと会ってからはこれといった勉強をしなかったものの、自然とクメール語を話せるようになったそうです。

病気やケガをしたときにお世話になる、病院や医療制度についてもチェックしておきましょう。

カンボジア(世界遺産シェムリアップ)医療事情

率直に言って、カンボジアの医療水準は高くなく、日本の医療制度を利用している私たちにとっては特に不安に思うことが多いはずです。

通常、大ケガや深刻な病気の場合はヘリコプターでタイなどへ緊急搬送されることが多いようで、たとえ短期の滞在でも、万が一に備えて海外旅行保険には入っておくことをおすすめします。

Aさんも医療事情ついてはこんなふうに話しています。

「ありがたいことに今のところ、深刻なケガや病気で病院のお世話にはなっていませんが、やはりいざというときにまともな病院がないという状況はきついですね。あくまでも個人的意見ですが、よほどの急を要するケガや病気でなくても、なるべくはバンコクやクアラルンプールまで行ったほうがいいように思います」。

とはいえ、シェムリアップにはロイヤルアンコールインターナショナル病院(Royal Angkor International Hospital)という国際病院が存在し、ここはタイや東南アジア地域全般で最大の医療ネットワークを駆使しているバン
コク病院メディカルセンターと提携した、インドシナ地域初の病院です。

ただしAさんいわく、「自費で入院するとなると、超高級ホテルのスイートルームに泊まるくらいの価格が必要」とのこと。

Aさんは現在、シンガポールにヘッドクオーターを置いている法人を設立し、その100%子会社という形式でカンボジアでビジネスを行なっており「カンボジア人は温かい人が多いですし、非常に親日。というか外国人差別が本当にありません。ビジネス面での小さなトラブルは尽きませんが、物価の安さ、人件費の安さなどから、日本では体験できないようなことを日々経験できていると思います。

こんな面白い生活をしながらも、もしうまくいけば大儲けできるようなビジネスチャンスがゴロゴロ転がっているのですから、やっぱりこんなに大きなメリットはないですよね。

一方で、悪い面でのカルチャーショックをあえて挙げるならば、自分の言葉に責任を取らない、デリカシーという概念が
ない、自信満々に知ったかぶりをする、といったところでしょうか。ある程度の確証がなければ約束をしないだろう、と思っているとことごとく裏切られてしまうので、これはかなりのカルチャーショックでした」

シェムリアップに暮らし始めて3年。Aさんはさらに大きな夢を描いています。

「カンボジアでの生活は5年を目処に次のフロンティアを探したいと考えています。できれば5つくらいの国それぞれでビジネスを行い、すべての国に住みながら移動するという生活ができればいいなと考えていますし、そのための土台作りに励んでいます」

「スポンサードリンク」

これまでのカンボジア情報も
すべてご覧ください。

カンボジア(首都シェムリアップ)の画像a

カンボジア(首都シェムリアップ)の観光旅行人気や治安情報を今すぐチェック!

カンボジア(首都シェムリアップ)の画像a

カンボジア(首都シェムリアップ)のアライバルビザやオンライン申請を今すぐチェック!

カンボジア(首都シェムリアップ)の画像a

カンボジア(世界遺産シェムリアップ)の起業や就労と住居探しの方法を今すぐチェック!

カンボジア(首都シェムリアップ)の画像a

カンボジア(世界遺産シェムリアップ)の滞在費や生活費の体験談情報を今すぐチェック!

あなたへオススメや探しものが見つかりますよ♪
今すぐチェック!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ