オーストラリアロングステイや移住&留学メルボルンの生活やビザ情報4

Pocket

オーストラリアロングステイや移住&留学メルボルンの生活やビザ情報4

オーストラリア「メルボルン」第4回

第1回はこちら
第2回はこちら
第3回はこちら
第4回はこちら

■学生ビザ(3ヵ月以上ー数年間)

長期滞在するには、留学という手段も
有効な方法で、オーストラリアで学ぶ
場合、一般の大学・大学院から
カレッジ(TAFE)、私立の語学学校
大学付属の英語コース、中高生向けの
英語コースなど、さまざまな選択肢があります。

ただし、オーストラリアの学生ビザを
取得するには、フルタイムのコースに
在籍していることが条件になります。
※パートタイムや通信は不可

また、自分が通う学校および受講するコースは
CRICOS(政府認定校)でなければなりません。

そのため、通いたい学校が決まったら
まずは学校に問い合わせてこの認定を
受けているかどうか確認する必要があります。

一方、学生ビザは通う学校や受講コースに
よって7種類に分かれています。
570ELICOS(おもに語学学校生)
571 Schools(小・中・高校生)
572VET(カレッジ生)
573 Higher Education(大学・大学院生)
574Postgraduate Research
(リサーチ・ワークの大学院生)
575 NonAward(ファンデーション・コースなど)
となっており、自分がどのカテゴリーで
申請すればよいかは、事前に学校に
問い合わせて確認しておくといいいでしょう。

学生ビザの審査「アセスメントレベル」

学生ビザの審査は「アセスメントレベル」
という制度によって行われ、申請者
の国籍と学生ビザのカテゴリーに
よって基準が異なっています。

ただし、日本国籍者はもっとも基準の緩い
「アセスメント1」の適用となるため
比較的審査には通りやすいといわれています。

有効期間は、申請するコースによって
異なるが、受講コースのすべての
プログラムが修了した日からおおむね
2ヵ月後までとなっています。
※10ヵ月未満のコースの場合は1ヵ月後まで

オーストラリア留学のデメリット&注意点

さて、オーストラリア留学のネックは
「学費」と「生活費」の高さといえますが
オーストラリアの学生ビザには
「週20時間までの就労許可」と
「扶養家族の帯同が可能」という
大きなメリットがあり、つまり
アルバイトしながら学ぶことができる上
妻や子供を連れて留学することも
できるわけです。

また、学生ビザがあれば、その配偶者も
同じように週20時間の就労が認められるので
一家で長期滞在したい人は、有力な選択肢として
検討してみる価値はおおいにあるでしょう。

注意したいのは、学生ビザを保持する
ためにはいくつかの条件があるというです。

一定以上の出席率、成績を保つことはもちろん
留学生健康保険への加入義務や、留学期間中に
自分(および扶養家族)が十分生活できるだけの
預金の維持も求められます。

以上の条件を満たせない場合、学生ビザの
取消もありえるので十分に注意しておこう。

学生ビザの申請は、ワーキングホリデーなど
と同様、基本的にはインターネット上から
オーストラリア移民局のオンライン登録
システムを利用することになり申請費用は535AUD。

申請には、学校からの入学許可証
留学生健康保険の番号などが
必要になるほか、これまでの病歴や
犯罪歴、海外渡航歴が審査され
これもすべて英文による手続きとなるが
留学サポートをうたうエージェントは
数多くあるので、自力で行うのが不安な人は
こうした業者に代行を依頼してもいいでしょう。

また、2年以上の留学の場合、コース終了後に
18ヵ月間の一時滞在ビザ(Skilled Graduate
Visa)が取得できる可能性がありこれは2年間の
就学条件は満たしているものの、永住ビザの
取得条件には達しない留学生を対象に
さらなる技術取得をサポートするのが
目的で、卒業後の進路が決まらない場合
などには、ぜひ活用したいビザといえます。

ガーディアンビザ

さらに、オーストラリアで就学する
18歳未満の子供に親として同行する
場合は、「ガーディアンビザ」という
制度も利用でき、就労は不可ですが
子供の学生ビザの有効期間と同じ
滞在許可が下ります。

そのため、就学年齢(5〜18歳)の
子供がいて原発からの避難を
検討している親子には有力な選択肢の
一つになりえるでしょう。

学生ビザに関するさらなる詳細は
オーストラリア移民局のウェブサイトを
参考ください。

■長期滞在ビジネスビザ(最長4年間、更新も可能)

「長期滞在ビジネスビ」とは
実質的な「就労ビザ」といえます。

有効期間は最長4年間で、労働契約に
あわせて更新することも可能です。

ただし、取得条件は他の諸外国と同様
基本的には「オーストラリア国内の
人材ではカバーできないスキルがある」
ことが前提になります。

そのため申請できる職種は移民局が
定めるリスト上のものに限られています。

ビジネスビザ申請には厳正な審査が
行われ、まず、雇用先の会社の財務内容
や従業員のトレーニング要件などが
厳しくチェックされます。

つづいて雇用内容について、職種が
指定リストに該当するかどうか
給与が適正なルールに基づ
いて決められたものなのかどうか等が
審査され、また、申請者本人については
これまでの学歴や職歴、健康状態
資格の有無、一定水準以上の英語力な
どが厳正にチェックされます。

以上、取得にはかなり高いハードルが
あると考えた方がよく、近年、オースト
ラリア政府は増え続ける移民への対策として
ビザ発給要件の引き締めに動いている
傾向があり、ビジネスビザの取得条件や
規定にも度重なる変更や手続きの
複雑化が見られる。就労の際には
確実にビザが下りるかどうかを雇用先や
移民局にきちんと確認した方が無難でしょう。

ただし、日本人の求人そのものは
けっして少なくはなく、美容師や
調理師などの「手に職」系から
日系スーパーのショップマネージャー
日系企業の貿易事務、留学アドバイザー
日本語教師、ホールスタッフまで
さまざまな職を見つけることができます。。

オーストラリア生活情報ポータル誌

仕事探しのためのウェブサービスなども
充実しており、まず、オーストラリア
の生活情報ポータル「JAMS」「豪ナビ!」
「ドラゴンネット」「GO豪メルボルン」と
いったサイトのクラシファイドに
多くの情報が掲載されているほか
メルボルンの人材紹介会社「NBC」の
ウェブサイトやフリーペーパー「Cheers」
のウェブサイト版にも求人コーナーがあります。

オーストラリアの大手求人検索サイト

また、オーストラリアの大手求人検索サイト
「seek」(www.seek.com.au/)
や政府運営の求人サイト「Australian JobSearch」
(http://jobsearch.gov.au/default.aspx)
などでも見つけることができます。
その際には検索ワードとして「Japanese」と
入れるとスムーズに探すことができるでしょう。

さまざまな滞在方法が可能といえる
オーストラリアですが、次回は起業によって
ロングステイする方法や永住ビザの取得条件などに
ついてもお伝えします。

また、生活費を抑えるための
リーズナブルな家探しについても
紹介していきます。

第1回はこちら
第2回はこちら
第3回はこちら
第4回はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ